うずまきコーラはむせむせで

エレキジュース・タカハタケの徒然雑記 
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

砂の香りやります

 「エレキの若大将」の監督・岩内克己監督を囲む会を今年もやります。

今年は話題の映画「SPACE SHIPヤマト」やアニメ版の「ヤマト」について語ってもらおうと思っています。


事前の打ち合わせではあまり高評価ではないので、かなりの毒舌が聞かれると思います(汗)。


お時間あるかたは気軽に遊びにきてください。


2010年12月23日(木)

東京芸術劇場小6会議室

14:00〜17:00



告知 | permalink | comments(0) | -

砂の香り終了しました

42回目の砂の香りが終わりました。毎年、なぜか天皇誕生日のこの日に開催してはや13年?(もしかしたらもっとかも)。初期よりもコンパクトになったとはいえ好きな映画の話をたっぷりできるこの会はぼくにとってとても大切な集まりです。来てくれたみんなありがとう。

今回は岩内監督が映画「砂の香り」の海外用のパンフレットを持ってきてくれたり、当時の撮影のスナップ写真をもって来てくれたりとサプライズも多々。ぼくらにとってはうれしいクリスマスプレゼントになりました。監督、ありがとうございます!

若大将もパチンコになるしもっと若大将が盛り上がるといいなあ。
「砂の香り」は来年もやるので今回来れなかった人はぜひ来年遊びに来てくださいな。


SUNA



告知 | permalink | comments(0) | -

砂の香りやります

若大将シリーズの監督・岩内克己監督を囲む会を今年も開催します。今回のお題は松岡錠司監督の『歓喜の歌』。来年発表される日本アカデミーにはノミネートされていなかったけど、今年屈指の佳作だと思います。興味のある人はぜひ。ちなみに当日、配布する会報ではストーンズの『シャイン・ア・ライト』について監督とぼくが対談してます。そちらもお楽しみに。

日時 12月23日(火) 18:15〜
場所 池袋東京芸術劇場小2会議室

※当日は会場費として1000円かかります。
※尚、さいきんDMこないぞーという方はタカハタケまでメールください。もしくははじめてだけど行ってみたいという方もメールをください。


歓喜

告知 | permalink | comments(3) | -

砂の香り終わりました

「砂の香り」終了しました。これで12年目かな? 通算としては41回目だったみたい。なんにせよこの会を無事に終わらせることができて一安心。今年もよい一年が過ごせたということです。

今回ははじめて来てくれる方がいたり、久しぶりに顔を見せてくれる人もいたりとなかなかのサプライズがあって楽しい会になりました。

黒澤映画はおもしろいけどやっぱりリメイクは難しいというような話から、「エレキの若大将」でなぜ加山雄三と星由里子さんが「君といつまでも」をいきなり歌うことにしたのかという秘密を聞けたり、なかなか充実した内容だったのではないかと思います。来てくれた方、ありがとうございます。

来年は、久しぶりに年末以外にもやる予定なので、年末じゃなかったら行けるのにといういう人はぜひ遊びにきてください。


告知 | permalink | comments(0) | -

砂の香りやります

若大将シリーズの監督・岩内克己監督を囲む会を今年も開催します。今回のお題は黒澤版の「椿三十郎」。現在、リメイク作が公開中ですが、脚本一緒で演出だけ違うってどういうこと? いろいろ疑問があるのでこの機会に黒澤版と新作についても岩内監督にがっつり聞いてみます。東宝時代に黒澤監督作にもついたことがある岩内監督からどんな言葉が聞けるか今から楽しみです。

日時 12月23日(日) 18:15〜
場所 池袋東京芸術劇場小4会議室

※当日は会場費として1000円かかります。
※尚、最近DMこないぞーという方はタカハタケまでご連絡ください。DMもしくはメールを差し上げます。当日にレンラクくれてもいいですけど……。


告知 | permalink | comments(4) | -

写真を撮るということ〜宗補さんの生きざま〜

ぼくが尊敬する報道写真家・山本宗補さんがNEWS23に出演されるそうです。ドキュメンタリが好きな人はご覧になってくださいな。

以下、宗補さんから届いたメールです。↓

年明け早々からお知らせしていた番組がやっと放送されそうです。
放送は4月23日(月)の筑紫哲也NEWS23マンデープラスです。テーマは「老いの風景」を撮るフォトジャーナリストとして紹介されます。

約20分のビデオ内容は、私が、沖縄の90歳の一人暮らしの男性、東京の86歳の靴磨きの女性、長野県の76歳の幼稚園園長先生の3人のお年寄りを取材する現場と写真を紹介します。スタジオも少しだけあります。お年寄りの何に魅かれて写真を撮り続けるのか、お年寄りの写真で何を伝えたいのかなどが番組を通じて観る人に感じていただければと思います。

75歳以上は10人に一人という、世界に例のない日本社会。視聴者に身近な「老い」を振り返っていただくきっかけになることを念じて撮る、53歳のカメラマンの後ろ姿でも(シワ顔の出るところは飛ばして)見てやってください。

山本宗補
新刊写真集
「また、あした 日本列島老いの風景」(アートン)
http://www.artone.co.jp/books/152.html
告知 | permalink | comments(0) | -

砂の香りやります

若大将シリーズの監督・岩内克己監督を囲む会を今年も開催します。今回のお題は「パッチギ」。現在、新作を撮影中ということですがパート2への期待を含めてみんなで語り合いましょう。

日時 12月23日(土)夜6時15分〜
場所 池袋東京芸術劇場小4会議室

※当日は会場費として1000円かかります。
※尚、DMの曜日に間違いがありました。正しくは金曜日ではなくて土曜日です。申し訳ありません。
告知 | permalink | comments(0) | -

砂の香り終わりました

砂の香り終了しました。
来てくれたみなさんどうもありがとう。
映画は、微妙な感想だったけど、ま、予想どおり。
オタクが「電車男」を見ても、まあ、おとぎ話ですわな。
岩内監督も映画としては認められないという評価でした。
監督はそれよりも「生協の白石さん」のほうがお気に入りだったみたい。

来年もやるので時間がある人はまたきて下さい。
告知 | permalink | comments(0) | -

砂の香りやります

DMでは発送済みですが一応告知です。
若大将シリーズの監督・岩内克己監督を囲む会を今年も開催します。今回のお題は映画版「電車男」。正直、監督もぼくも観ていないのですが、どんな話ができるのでしょうか? 80歳の映画監督がどんな視点で電車を語るのか、確かめにきてください。

日時 12月23日(金)夜6時15分〜
場所 池袋東京芸術劇場小4会議室
上映作品 「電車男」

※当日は会場費として1000円かかります。
告知 | permalink | comments(2) | -

岩内監督ナイト、いよいよ明日です

いよいよ明日、岩内克己監督のオールナイトイベントなワケですが、簡単に見どころ紹介しときまっす。

まず1本目「恐怖の時間」は、黒澤明監督「天国と地獄」や米ドラマ「87分署」の原作者として有名なエド・マクベイン原作のサスペンス劇。原題は“殺意の楔”というらしい。しかも、どうやら日本でマクベイン原作というのは「天国と地獄」を入れても3本しかないらしいので貴重な作品といえるでしょう。ストーリーは、ニトログリセリンを持った男が、警察署に閉じこもり警官を恐喝するというものなのですが、ロケ場所となるのが渋谷公園通りの社会保険事務所(だっけ?パルコの前に今もあるやつ)。今とはまったく違う渋谷の光景に唖然としちゃいます。主演は山崎努。かな〜り若いので見間違いそうなんですが、存在感は今と変わりません。他にも加山雄三&星由里子という「若大将」カップルが出演していて、岩内監督らしさが伺えます。ちなみに「恐怖の時間」を観おわっても終電はある時間なので、トークショーと1本だけ見て帰るっていうのもアリですよ。

2本目はシリーズ11作目の「ゴー!ゴー!若大将」。実は直前まで「レッツゴー!若大将」だったのですが、急遽、変更になりました。岩内監督は、「どれでも一緒だから別になんでもかまわないんだが、ははは」と笑っておられましたが……。この作品の見どころはタイトルバック。加山雄三の歌にのって画面分割がテンポよく演出されてます。あのテンポ好きなんだよな〜。また、シリーズの絶頂期に作られただけに、それぞれのキャラクターがまったく裏切りません。若大将、青大将、澄ちゃんがキラキラと輝いていますよ! ちなみに毎回登場するスポーツはモータースポーツと駅伝。何でもできる若大将。素敵です! そして岩内監督らしいミュージカルばりの唐突なショータイムももちろんアリ。頭をカラにして楽しみましょう。

3本目は「砂の香り」。ぼくが主催している映画の会の名前はもちろんこの映画から貰いました。そういう意味でも愛着の深い作品。江ノ島〜湘南の美しい浜辺を舞台に描かれるひと夏のロマンス。ボンドガール浜美枝さんとイケメン中山仁さんのラブロマンスがヌーベルバーグ調に描かれる。また岩内監督の作品のなかではもっとも作家性が強く、難解な映画。エンターテイメントな作風で知られる岩内監督ですが、本来はこういった作家性の強い資質をもたれている人なんだなあとこの映画を観るとよくわかります。途中で挿入される能舞台も必見です。

ラストを飾るのは眠気も吹き飛ばすはちゃめちゃ喜劇「ハーイ!ロンドン」。岩内監督といえば若大将シリーズがもっとも有名ですが、GSを主役にした作品も意外と多いんです。スパイダース&てんぷくトリオの「喜劇!ドッキリ大逃走」や井上順の「グアム島珍道中」など。この「ハーイ!ロンドン」なんて、人気絶頂のタイガースを主演にしてるだけに、かな〜り強引な物語展開が笑えます。死神と取り引きして“自由な時間”を手に入れ、ロンドンへ行くというあらすじなんですが、死神役がはぐれ刑事・藤田まことだったりして笑えます。威厳がまったくないんだもんなあ。でも、喜劇役者としては一流ですぜ! 当時の無謀とも思えるロンドンロケの裏話なんかも、トークショーできっと聴けると思うので楽しみにしていてください。

サスペンス、スポーツ、ラブロマンス、エンターテイメントと、一晩で映画の娯楽性を追求できるとっておきの一夜。来れる人はぼくの携帯に連絡ください。当日はけっこう早くから浅草界隈を岩内監督とうろうろする予定です。
告知 | permalink | comments(2) | -
Twitter
Twitter