うずまきコーラはむせむせで

エレキジュース・タカハタケの徒然雑記 
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

父よ、あなたはえらかった〜1969年のオヤジと僕〜

2時間ドラマをついつい観てしまった。

西田敏行と泉ピン子の夫婦役って反則でしょ。

裏の『東京ドッグス』にあえてぶつけるには濃厚すぎる顔合わせ。


西田さんとピン子さんが夫婦役といえば、名作と名高いドラマ「寂しいのはお前だけじゃない」以来のコンビ。貴重な瞬間を観れてよかった。

芸達者なふたりの「あ、うん」な芝居。


ストーリーは西田&ピン子の子供がニートで、そのニートの子供がひょんなことから自分の親が青春を送っていた1969年にタイムスリップするというちょっと『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のような話。


現代では西田敏行扮する父親がリストラに直面し、過去ではニートの息子が学生運動に巻き込まれて生きる意味を見つけていく。

登場人物それぞれに問題が起き、逃げることなく対峙していく。

いつの時代も生きるのは難しい。


脚本は浅野妙子さんだったんだけど、『イノセント・ラブ』や『ラスト・フレンズ』のようなテイストより、親子の絆を描いたり、歴史に翻弄される人々を描く『純情きらり』や『大奥』のような作品のほうがぼくは好き。今回はどっちかというと後者のノリ。


ちなみに西田敏行さんの若い頃はインパルスの堤下がやっててイメージしやすかったんだけど、泉ピン子さんの若い頃は相武紗季ちゃんだった。う〜ん紗季ちゃんが年を取るとピン子さんになるのか……。それは考えものだぞ(笑)


でも、よく考えたら04年に放送されたNHKドラマの『ちょっと待って、神様』では泉ピン子さんの若い頃も宮崎あおいちゃんだったので、なんかドラマ界ではピン子さんの若い頃は旬な女優さんで! という決まりでもあるのかも……。


ってか、『ちょっと待って、神様』も浅野妙子さんの脚本だ。浅野さんのなかではそういうイメージなんだろうか。まあ、ふたりともカワイイからいいけどさ。




TV | permalink | comments(2) | -

ダイバスターが終わってしまった……ガーン!

深夜族の友達『地球特捜隊ダイバスター』(フジテレビ)が終わってしまった。毎回、くだらない検証を見るのが楽しみだったのに残念だなあ。


でも、在庫を抱えているダイバスターグッズが売り切れたら番組が復活するらしい。誰か買って番組を存続させてくれ〜。


ユリッペのフィギア、本物見たことあるけどすごくいい出来だったよ。

(あと15体だってさ)



TV | permalink | comments(0) | -

メイド刑事にナンノが!

 すっかり福田沙紀のメイド姿が普通になったところに最終兵器投入。

「おまんら許さんぜよ!」のかけ声と共に『メイド刑事』に南野陽子がゲスト出演。さすがにスケバン刑事じゃなかったけど、ヨーヨーまで使うリスペクトぶり。


金曜の夜には観るにはちょうどいい番組だなあ。

TV | permalink | comments(2) | -

けいおん

アニメ『けいおん』の最終回を観る。

高校の軽音楽部に入ってる女の子たちのぬる〜い日常を描いたアニメ。


たまーに観てたんだけど、実はすごい人気らしい。知らなかった……。


そんでもって最終回はいつもどおりほのぼのと。


『BECK』が正攻法でロックを描いた頂点だとしたら、『けいおん』はまったく逆の方法論で成功した作品なのかな。


ゆるい日常ってジャンルがこんなに市民権を得るとは思わなかった。


そういや、原作は『まんがタイムきらら』でやってるんだね。

それもある意味すごい。



TV | permalink | comments(0) | -

あの顔に反応しちゃう!永井豪キャラは反則だ〜

最近、土曜の夜が待ち遠しい。理由は『真マジンガーZ』を観るため。永井豪作品はいろいろアニメ化されてて食傷気味なところあったけど、今回のアニメはなんといってもキャラクターデザインがいい。永井豪タッチを忠実に、マンガの世界観どおりに構築していくっていうのはファンにとってはうれしい限り。

監督が今川泰宏さんなのでまたいろいろ仕組んでくるんだろうなあとか。今後の展開が楽しみ。3話までを観る限り錦織つばさや菊ノ助という名前も出ていることから『あばしり一家』や『ガクエン退屈男』の匂いもするし、永井豪ファンには応えられん作品になりそう。



TV | permalink | comments(3) | -

ダイナミック通販 サイテ〜だけど笑っちゃう

金曜日の夜にTBSで深夜放送された『ダイナミック通販』はサイテーだったなあ〜。でも、最高にくだらなくてめちゃくちゃおもしろかった。

要は巷にある通販番組のパロディなんだけど、紹介する商品が胡散臭いものばかり。それを出演者(峰竜太・岡本夏生ら)やMC、通販会社の社長が大マジメにプレゼンしていく。「こんなに安くていいの?」とか「どうやってお金持ちになったの?」とかという質問を交えつつ、使った人のコメントとかも挿入していくあたりが本物っぽくてリアル。特に岡本夏生のいかにも「通販番組に出てそう……」というキャスティングが最高。いや〜笑わせてもらいました。峰竜太のS的要素は怖かったけどさ(笑)

演出は『温厚な上司の怒らせ方』の古屋雄作なので、あのテイストをもっと悪ノリしたと思ってもらえればいんだけど、テレビ東京ならともかくTBSであれはちょっとギリギリだなあ〜。

特にラストはギリギリダメでしょ。
久しぶりに深夜番組っぽい番組を見たな〜。
観た人いる?


TV | permalink | comments(0) | -

クッキング・パパ

いろいろお手伝いさせてもらったドラマ版『クッキン・パパ』が今日放送です。福岡での撮影からはや2カ月ぐっさんが演じる荒岩さんはかな〜りハマり役ですよ。

おいしい料理と人情話。ほっこりしたい人にお勧めです。

↓対談まとめてます。
http://www.tnc.co.jp/cp/
TV | permalink | comments(0) | -

お前たちはまだゼロになる資格はない

視聴率は今期ぶっちぎりの最下位だったけど、マチャアキ主演の『無理な恋愛』が今クールで一番おもしろかった。いや、おもしろいつうか、のんびり観れたというか。『ラスト・フレンズ』も観てたけど、なんだか感情移入できなくて……。「今の若い人は大変ね〜」な感じ。

何が良かったかってセリフがね。会社を辞めるマチャアキについていこうとする若手社員に対して「お前たちはまだゼロになる資格はない」とか言ってみたり、おじさん的なセリフがなかなか胸にきました。もうさ、後ろ向きな若者よりも前向きなおじさんのほうがいいと思うんだよね。人生は常にポジティブにいたいと思う訳です。金がなかろうが、仕事がなかろうが、死ぬまで「まだまだ」って思ってられるほうがいいかなって。


TV | permalink | comments(0) | -

深夜ドラマ・さば

さいきんはまたしても昼夜逆転の生活。なんだかなあ。まあ、夜に仕事をするほうが静かだし、観たいテレビもないからはかどるんだけどさ。とはいうものの、さっきフジテレビでやってた『さば』ってドラマには目が釘付けになった。

荒川良々主演というだけでも深夜っぽいんだけど、カメラワークとか演出がいかにも深夜テイストで心地よい感じ。ゴールデンじゃ絶対できない変な話なんだけど、サブカル的な魅力とでもいおうか、僕はそういうテイストが大好き。誰にも教えないけど、自分だけで楽しみたい。そんなドラマでした。そして仕事ははかどらないまま夜は更けていくんだね。


TV | permalink | comments(0) | -

冬ドラもおわってしまった

冬ドラマが終わってしまったので曜日感覚がなくなって毎日ぼっーとしてる。こんなに暇なの久しぶりだなあ。冬ドラマはけっこう観てたけど、最後まで観たのは『今週、妻が…』、『ヒミツの花園』、『華麗なる一族』、『ハケンの品格』、『花より男子2』、『特命係長』、『母親失格』だったかな。

今回は、突っ込みながら観られる作品を好んでたよう。『華麗』のショーグンや、『ヒミツ』の釈ちゃんの演技、『花より』の小栗君の目線などなど。ドラマはやっぱり突っ込みいれてなんぼでしょう。個人的には『ヒミツ』の池田鉄洋さんと『今週〜』の沢村一樹さん、『華麗』の六坂さん、『花より』の加藤夏希ちゃんの助演ぶりがツボだったなあ。

あと、『今週〜』の階段が崩れていくオープニングも秀逸。なんか仕事に追われているようでもあり、人生が崩れていくようでもあり、変に感情移入してしまった。

4月からはなにを観ようかなあ。とりあえず『セクシーボイスアンドロボ』と『時効警察』と『生徒諸君!』は決定。あと期待はしてないけど『エリートヤンキー三郎』と『のぞき屋』もチェックしようかなあ…って、来月も暇なのか、俺。
TV | permalink | comments(2) | -
Twitter
Twitter