うずまきコーラはむせむせで

エレキジュース・タカハタケの徒然雑記 
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< sonic mania 05 2日目 幕張メッセ | main | 手塚治虫先生の命日 >>

ニッポニアニッポン 阿部和重 新潮社

長時間の移動があったので気になっていた阿部和重を読んでみた。読むのが遅いぼくにしてはあっという間に読め、ほどよく作品世界に浸ることができたので満足。引きこもりの17歳の少年が、「いろいろ自分が不遇なのは世間が悪いんじゃー」と思い込み、なぜか国際保護鳥のトキを殺しにいくというストーリー。もちろん、そんな単純なだけのうわついた話ではないし、いろいろ伏線もあるんだけど、なんというかドラマ的にはそれだけ。シンプルなだけに、主人公の行動ひとつひとつに想像を膨らますことができるのがいい。唐突に出てくる新しい登場人物や、時間軸の構成も独特のリズムで不思議な感じだし、全体を支配する愚かな感じがクセになりそう。チャンスがあれば、また違う作品も読んでみようかと思う。
| permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









Twitter
Twitter