うずまきコーラはむせむせで

エレキジュース・タカハタケの徒然雑記 
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< バイオハザード2 アポカリプス | main | ビッグコミック1 10/1号 >>

斬鬼 10月号

「斬鬼」 10月号 少年画報社

「む、無念じゃ〜!」との声が聞こえてきそうな「斬鬼」休刊号。
時代劇マンガを「乱」と共に切り開いてきたパイオニア雑誌がいきなりの休刊とはさみしすぎる。看板作品の「御用牙」を筆頭に、みなもと太郎のエッセイマンガ、手塚賞新生賞受賞のもりもと崇、そのほかにも「まぶちの右近」のひらまつつとむ、荒木俊明の「新選組凄春記」と、けっこう粒ぞろいの作家が揃っていただけに本当に残念。今号に載っていた、ふくしま政美の「ケミストリー」はあれでおしまいなのだろうか? う〜ん。

一時期の時代劇雑誌の乱立が自然淘汰されて、ようやく力のある雑誌だけが残ったと思っていたのに、老舗である「斬鬼」がなくなるのには合点がいかない。それだけ業界が厳しいのか? 流通的に時代劇ものが受けいれられないのか? なんにせよマンガ界はここにきて狭くなっているように思う。

とにかく「斬鬼」の一日も早い復刊を願おう。

●お勧め作品
「難波鉦異本」 もりもと崇
「新選組凄春記」 荒木俊明
漫画雑誌(山のふもと) | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









Twitter
Twitter