うずまきコーラはむせむせで

エレキジュース・タカハタケの徒然雑記 
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< GOOD MORNING MUSIC!!!! | main | 鉄と鉛 ラ・ママ >>

憂鬱といえば

9.21

今年のお盆明け、エレキのオタク番長タナカに「今年のコミケって何がきてたの?」(明らかにいい加減な質問だね)と質問したら、「そりゃあハルヒだよっ」って即答された。「ハルヒって何?」って返すと「涼宮だよ」と返された。まあ、このへんでその筋の人は「うんうん」とうなづくと思うけど、わからない人に説明すると、とにかく今年のコミケは「涼宮ハルヒ」という小説を原作にしたアニメが一大勢力を担っていたらしい。そんときは、「へ〜」ってな感じだったんだけど、意識して本屋を見てみるとほとんどのアニメ雑誌の表紙が「涼宮ハルヒ」一色。ビデオ屋さんのアニメコーナーもすべて貸し出し中。どうやら本当にすごいブームらしい。会話にも普通に出てくるようになってたし。

そうなってくると、なんだか世の中に取り残されてる気になってきて、異常に「涼宮ハルヒ」っていうのがどんな内容なのか知りたくなってきた。知ってる人に聞くと「なに?SOS団に入りたいの?」とかワケわからないことを言われるし。む〜。というわけで、原作である『涼宮ハルヒの憂鬱』(谷川流/スニーカー文庫)を読んでみた。

いや、なんか普通におもしろかった。主人公である男子高校生の一人称で語られる青春ストーリー。クラスの一番目立つ女の子が超常現象に憧れていて、その娘に巻き込まれる形でSOS団という超常現象との出会い系同好会を設立。なんだかドタバタと本物の未来人や宇宙人や超能力者が現れてイヤボカーン!!! キャラクターがベタで、物語もびっくりするくらい青春してる。もっとロリで巨乳でボイ〜ン(バカにしてるわけじゃないよ!)みたいなのを想像してたけど、ほんとに爽やかな学園ものだった。そして何よりツンデレもメイドも眼鏡萌えもおまけに美少年までついてるんだから売れる要素満載だ。こういうのって嫌いじゃない。

ちなみに、僕は一人称を「コブラ」モードで読んだから、宇宙人や未来人たちはみんな寺沢武一キャラの超美女。朝比奈みくるちゃんなんかはライブメタルに記憶を移す前のレディなわけですよ!! あとはドミニクとかさ。SFチックな話だけになんか視点を変えるとおもしろいんだよね。アニメは未見なんだけど、どうなんだろう? ここまできたら見てみるしかないよね?

それにしてもヘミングウェイを読んだあとに手をしたのがスニーカー文庫ってどうなの?
| permalink | comments(4) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

ぶっか>
そうみたいよ。
ま、どっちかというと男の子向けかな。

ありすさん>
漫画チックというか萌えアニメチックですね。
「コブラ」ビジュアルについては、僕が楽しく読むための妄想ですから(笑)
実際は、かわいくておっぱいが大きな女の子のイラストが載ってます。

ワタナベズ>
ワタナベさんはハルヒを手にすることもできないでしょう(笑)知らぬが仏。
| 2006/10/17 2:31 AM
いつも通り何の事かまったく知らないのに、「涼宮ハルヒ」というワードだけがすでに刷り込まれていた自分が怖い・・。
一体どこから・・。
ワタナベズ | 2006/10/12 12:11 PM
「スニーカー文庫」には手を出したことがないんですよね〜。普通の文庫でも、表紙が漫画チックだと恥ずかしくて、引いてしまう…。

 受け入れられるものの幅は広い方がいいけど…。にしても、高校生の話で、ビジュアルが「コブラ」とは!(笑)
ありす | 2006/10/11 10:10 PM
古本屋で働く妹が、
アキバを本拠地としている自他共に認めるヲタな同僚に、
ハルヒの歌(!?)を聴かせてもらったって言ってた。
すごぃインパクトだったらしいけど、
あたしはまだハルヒに触れてないのよねぇ。

アキバ行くと何処行っても流れてるらしいけど。
そんなに人気なのかぁ。
ぶっか。 | 2006/10/11 8:33 PM
コメントする









Twitter
Twitter