うずまきコーラはむせむせで

エレキジュース・タカハタケの徒然雑記 
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 冬ドラもおわってしまった | main | 桜 >>

コミックチャージ 創刊号

角川書店が青年漫画雑誌を新創刊。なんといっても付録がゴーカ。角川映画93作品の予告編が180分も入っているDVDつきというんだから買うきゃないでしょう。つうか創刊号を買った人ってほとんどこの付録が目当てなんじゃないだろうか。

『犬神家の一族』からはじまって、『戦国自衛隊』、『ねらわれた学園』、『セーラー服と機関銃』、『時をかける少女』、『幻魔大戦』、『里見八犬伝』などなど。角川映画30年の歴史が予告編で彩られる。名作もあれば、こんなのあったけ?みたいな作品もあり、見応えたっぷり。

トヤマから遊びにきていたふるむらと一緒に観たんだけど、さすが同学年(71年生まれ)だけあって観ている作品のツボが一緒でうれしい。『犬神家』や『蘇る金狼』はちょっとお兄さん世代だけど、角川3姉妹から『7日間戦争』くらいまではゴールデンラインナップ。個人的には『キャバレー』とか『カムイの剣』が懐かしかったなあ。あと追っかけまでやった『幕末純情伝』も忘れがたし。世代が違うみんなでワイワイしながら観ると盛り上がりそう。90年代以降なんてアニメとホラーなかりで全然ピンとこないけど、若い世代と観たら感想も違うんだろうな。こういう企画ものは大歓迎。

で、かんじんの『チャージ』の本誌のほうだけど表紙がいまいちだったからそれだけで読む気力を失う。だけど、中身をちゃんと読んでみるとこれがなかなか読ませるしろものでちょっと安心。期待していた『コミックBINGO』がハズレだったせいもあるけど、ある程度のレベルの作品が揃っていて読み応えあり。雰囲気的には『スペリオール』に近いかな。でも、ほりのぶゆきのギャグや、「平成の歩き方」が載っていたりと、90年代初頭の『スピリッツ』の匂いもちょっとだけするかも。まあ、対象はビジネスマン向けってことらしいし、どこまでサラリーマンを味方に付けられるかだだろうな。

ただ、物足りないのは表紙の薄さからも伝わる通り、青年漫画らしいギラギラしたキャラクターや、時代の殻を突き破るような斬新な作品がないところ。やっぱり『バガボンド』や『20世紀少年』のような雑誌を牽引するような作品がないと次も読もうっていう気にはならないんだよなあ。まだ創刊号だからしようがないけど化ける作品が出てきて欲しいところ。

具体的な作品では、『アルカイックスマイル』(貞本義行・たかはまこ)がよかった。『エヴァンゲリオン』でお馴染みの作家さんだけど、意外と普通のサラリーマンものもいける。ちょっと変わった趣味を持つサラリーマンと、アスカ的なキャラクターのOLコンビというバランスがいい。今回は読み切りだったけど、シリーズ化を希望。あとは若林建次さんの『うちのネコが訴えられました』、『エース』から引っ越ししてきた『黒鷺死体宅配便』、田中圭一のサラリーマン時代の回想漫画、本庄敬の『ASAHIYAMA-旭山動物園物語-』あたりもいい。

とりあえず次号も買ってみるけど、どうなるんでしょうね。
漫画雑誌(山のふもと) | permalink | comments(1) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

 あ〜、この日記を読むと買わずにはいられません!(笑)
ありす | 2007/04/01 4:54 PM
コメントする









Twitter
Twitter