うずまきコーラはむせむせで

エレキジュース・タカハタケの徒然雑記 
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ビッグにカムイが…… | main | チャンピオンでブラックジャックが復活! >>

オリジナルであぶさんが!?

今出てる『ビッグコミックオリジナル』で遂にあぶさんが引退! 

ホークス一筋37年、酔いどれあぶさんが遂にユニフォームを脱ぐ。


今シーズンで引退するっていうのはすでに発表されてたから既定路線ではあるんだけど、やはりその日が来てしまうと寂しいもの。


白黒ページからパートカラー、そしてカラーへと変わる構成も見事。


もっと派手にカラーを使う方法もあったと思うけど意外と地味なのもあぶさんらしい。なんにせよ、これで今年の『このマンガがすごい』のベスト10に『あぶさん』が入るのは間違いないね。


水島先生はホントに凄いなあ。あぶさん来期はどうするんだろ。サプライズがあるのかなあ。


ちなみに今号では『深夜食堂』がドラマ化されるということで特集が組まれてた。小林薫さんがマスターってかなり渋くていいかも。


もうじき映画のシリーズ完結編が公開される『釣りバカ日誌』は、鈴建のピンチを浜ちゃんの勘違いパワーでうまく乗り切る内容。原点に返ったようなエピソードで読んでて楽しい。


いつの間にか人気作になった『岳』は手堅く読めていい作品。三歩さんは相変わらず飄々としてる。


寺沢大介さんの『なおしもん研究室』は古生物学者が主人公ということで掘り下げることができれば化けそう。読み続けたい作品。


読み切りで登場した小泉ヤスヒロさんの『とうちゃんロボ』は、80年代のSF短編の匂いを感じる心温まるストーリー。とうちゃんロボがもうっちょっと個性的なほうがいい気もするけど、バランスを壊さないのがいいなかあ。ロボット人情もの?


続きが一番読みたいのは弘兼憲史先生の『黄昏流星群』。なんだろうな〜。あえてコメントしたくないんだけど、やっぱり読みやすいんだよね。構図も心理描写も格段に上手いし、自分が歳をとるほどあの中年のキャラクターに魅力を感じてしまう。『島耕作』と違った意味で凄い。


ちなみに吉田戦車さんの『フロマンガ』は今号で最終回。よくも100回以上風呂をテーマにしたマンガを描けたもんだ。スバラシイ。







マンガ | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









Twitter
Twitter