うずまきコーラはむせむせで

エレキジュース・タカハタケの徒然雑記 
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 恋なんて思い込みでOK! 『500日のサマー』 | main | コララインの快挙 >>

アカデミー賞のノミネーションは今日の夜


アカデミー賞のノミネーションが今日の夜にある。


今年は例年にないトピックスがひとつ。

作品賞の候補が10作品選ばれること。


これって実は凄いことだと思う。近年のアカデミーはわりと地味な作品が多くて(僕は好きな作品が多いけど)、質は高いけど興行的には「?」という作品が多かった。それもあっての改善だと思うけど、この改革によって作品賞の門戸は大きく開かれた。


たぶん去年『ダークナイト』が作品賞から漏れたことが選考委員のトラウマになったんじゃないかなあ。あれはエンターテイメントだけど、すごいドラマを持ってた作品だったから。


そんなワケで10作品に増えたアカデミーはどんな作品を選ぶのか?そこが見どころなのと、あとはまあ『アバター』がどんな受け止められ方をするのかってことだと思う。


試写も含めて候補作は何本か見たけど、

『アバター』

『ハート・ロッカー』

『マイレージ・マイライフ』

は確実にノミネートされるはず。


個人的には

『インビクタス』

『500日のサマー』

『かいじゅうたちのいるところ』

なんかが入って欲しいなあなんて。


あ、観てないけどタランティーノの『イングロリアス〜』も入りそうだって。


それにしてもなんでイーストウッドの作品が近年スルーされてるんだろう? 扱うテーマが人種問題が多いからなのかな? 去年『グラントリノ』が選ばれなかったのはいまだに不思議。


まあ、まずはノミネーションを観て、ぶつぶつ言おうっと。


とりあえず現時点でタカハタケは『ハート・ロッカー』が一押しです。

先週までは『アバター』って言ってたけど、『ハート・ロッカー』観て気持ちが変わりました(笑)





映画 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









Twitter
Twitter