うずまきコーラはむせむせで

エレキジュース・タカハタケの徒然雑記 
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 忌野清志郎 | main | 砂の香りやります >>

2010.5.2KIYOSHIRO MEMORIAL~Tribute to KING of SOUL


5月2日。清志郎さんの一周忌。


この日、ARABAKI ROCK FESではチャボさんを交えてのトリビュートライブが行われ、NHK-FMでは1日中清志郎の曲が流れてた(ゲストは三宅伸治さん)。


ラジオを聞いてたぼくはいてもたってもいられなくなり、同じくトリビュートライブが開かれていた下北沢のCLUB251へ向かった。


階段を降りて、当日券を買い、251の重いドアを開く。扉のギリギリまで人がいる。ギュウギュウのライブハウスってなんかいい。そういえば清志郎のライブは常に満員だったなあということがふっと頭をよぎる。


ライブはすでにはじまっていて、ステージでは宮田和弥が『よぉーこそ』を歌っていた。おおっ!『よぉーこそ』だ! パーマ頭になってた和弥は一瞬誰だかわからなくて2度見しちゃったけど、伸びのあるあたたかな声は間違いなく和弥の声。歌い慣れてる感たっぷりの『よぉーこそ』はバンドマンらしくてさすが。立て続けに披露された『つきあいたい』『ラプソディー』も完璧。ジュンスカのルーツにも連なるであろうRCの名曲連発にいきなり持っていかれる。トリビュートライブは1曲だけしか歌わないのが多いけど、これくらい歌ってくれると聴き手は楽しい。


ちなみにバックを務めるのは、ギターが藤井一彦、ベースが金戸覚、キーボードが伊東ミキオでドラムがサンコンJr.。そしてホーンにはTHE THRILLからYUKARIEと多田暁というよくぞ集まったという布陣。やっぱり清志郎曲を演奏するにはこれくらい腕があるメンツが揃ってなきゃ! それにしてもギターが藤井一彦っていうのは最高のキャスティングだと思う。


2番手で登場したのはMilcoの菅原龍平くん。出演者のなかでは一番若いということだけど『あふれる熱い涙』と『多摩蘭坂』という選曲に清志郎愛を感じた。『Baby a GoGo』ってアルバムはあまり語られることは少ないけど、実はスゴくいいアルバムなんだよね。この前、出た『BABY♯1』と較べるとよくわかる。


3番手はワタナベイビー。いきなり『いけないルージュマジック』の替え歌、『いけないワタナベイビー』で会場を爆笑の渦に。清志郎さんのライブはよくこういう変な笑いがよくおきていたのを思いだす。そしてベイビーさんも笑っていいかわからないお客を尻目にどんどんくだらないギャグを次々と繰り出す。カッコいい清志郎さんしか見たことない人には意外かもしれないけど、ライブでの清志郎さんはよくこういうぬる〜い笑いをよくやってた。2.3Sとかのノリをベイビーさんが受け継いでる。MCもほのぼのしてて、ベイビーさんと清志郎さんの関係性がうらやましくなるエピソードがたっぷり。曲も『坂道』と『ユーモア』という共作曲で、ヒット曲だけじゃない深みのある選曲に来てよかったと改めて思った。


4番手は出演者のなかでも清志郎愛を熱く語ってくれた寺岡呼人。ラブソングの相手は清志郎として歌うということで『デイ・ドリーム・ビリーバー』と『ありふれた出来事』を。弾き語りだったけど、いい雰囲気だったなあ。


5番手はこの曲をこの人で聴けるなんて!というサプライズなうつみようこさんの『スローバラード』。いろんなところでいろんな人がカバーした『スローバラード』を聴いたけど、ようこさんが歌ってくれた『スローバラード』はオーティス・レディングの臭いも感じさせるソウルフルな歌唱法で、素晴らしかった。さすが!


ようこさんがしっとりと歌い上げたあとは待ってましたとばかりに藤井一彦ショーのはじまり。『チャンスは今夜』(この変なチョイスが!)〜『それで君を呼んだのに』という激シブな曲をチャボさん流ではなくギタリスト・藤井一彦の本領発揮で弾きまくる。でも、それこそがミュージシャン! RCに影響を受けた世代として背負った魂を見せつける演奏だった。


藤井一彦の熱い演奏のあとは、ワタナベイビーボーカルの『ドカドカうるさいR&Rバンド』、和弥ボーカルの『トランジスタラジオ』、そして全員での『いいことばかりはありゃしない』、「雨上がりの夜空』で大団円。


清志郎さんの作った曲が素晴らしいのはもちろんだけど、なによりこの日、うれしかったのはトリビュートバンドがめちゃくちゃバンドだったこと。出演者全員がRCを大好きだったことがビシビシ伝わってきて、悲しい気分なんてぶっとんじゃう感じ。きっとそれぞれフレーズをアルバムから変えてみたり、歌い方を変えてみたり、いろんな自分なりの楽しみ方で演奏したんだと思う。


本当にいいトリビュートライブだった。こういうイベントは是非ずっと続けて欲しい。やっぱり清志郎さんは偉大なバンドマンだなあ。







- | permalink | comments(4) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

たまちゃん>
日本の政治はどんどん悪くなってますねえ。
世界からどんどん取り残されてく感じです。

表現者が自由に発表できる社会と、自分が食べていける環境、そして子ども達が笑ってられる世界であればいいんですけどね。

タカハタケ | 2010/11/24 11:54 AM
おぉー、生きとったけー?(笑)
(ンなら、また富山弁で書いてくちゃ)

こんど、どっかで大月書店が出いとる
「フランスジュネスの反乱」いう本見つけたら、読んでみてったはれ。

条件そっくりなンに、何で日本で展開出来んがかオモトったら
公務員らに争議権が無いからぁ..って落ちやぜ。
やっとられんちゃ。

そっでも、内部で頑張るっさんも出て来とるし、
ようやくぅ? そんながで間に合うがんけ?...って
思たりもすっけど、もっと頑張ってもらわんなんちゃねぇ。。

...ってどう?(爆)




こないだ、元沖縄県知事の講演聞いて来たがいけど
質問時間に、鳩さんが何でいうた事ひっくりかえしたがか聞きたかったんに、
どっかのごんげハンが、どっだけでも自慢話すんもんやさかい、時間切れやぜ。
(「簡潔に」...って日本語知らんがかいねぇ)

来年は、国民の番号制度が国会に上るやら言うとっし
やわしい時代になったちゃねぇ。。


たまちゃん | 2010/11/17 3:46 AM
たまちゃん>
お久しぶりです!
もちろん生きてますよ〜。

最近ブログ書いてないけど元気は元気です。
今度、連絡しますね。

タカハタケ | 2010/10/21 2:24 AM
やっほー!(^^)

久しぶりぃー! 生きとる?

清志郎さん、好きなんやねぇ。。

今年は、まっで猛暑ダイエットやったちゃ。

...と、方言で行ってみました。


たまちゃん | 2010/10/11 12:27 PM
コメントする









Twitter
Twitter